高校生の日常 ときどきランドナー

サイクリングが趣味の高校生の日記

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

二日目 乗鞍高原~ 

前回の続き)
CIMG4838.jpg
昨日早く眠りについたお陰で早く目が覚めてしまいました。
ただ、僕は眠ることに関してはプロフェッショナルなので二度寝、三度寝と積み重ねましたが結局起きて外に出てたりしていました。
CIMG4834.jpg
Kさんの殺人級鼾、今回はサイレンサー付きでした。

今日は驚くほどの快晴、雲一つありません。
晴れてよかった。
CIMG4839.jpg
しばらくすると朝御飯に呼ばれました。
CIMG4830.jpg
こんな感じです、味噌汁は昨夜同様冷めていました。
山盛りのご飯はK氏がよそいました。ま、美味しかった。
のんびり食べて出発の準備です。
着替えたものなんかを詰め込んでいるお陰でフロントバックはパンパンに膨れていました。
あのオレンジのフロントバックはなかなかの大きさです。
CIMG4840.jpg
宿のそばからの景色、ところどころ色付いてきていますがまだまだというところ(10/11)。

出発しました。
登り坂ですがそんなにきつくは無い感じ、スピードはのろのろですが。
K氏はレーパンを忘れお尻の痛みに苦しんでいるよう。
CIMG4841.jpg
出発してすぐのところにある駐車場のビューポイント、昨日はあまり見えませんでしたが今から登るところがよく見えます。
ハイジの世界ですね~、すごい迫力。
まだまだ遠くに見えます。
CIMG4842.jpg
周りの景色を楽しみながらの登りです、スピードがゆっくりだからかあまりしんどくは無いです。
レーパンを忘れたK氏はお尻が痛そうですが。
CIMG4844.jpg
この辺りはまだマイカーが通り少々走りにくい気がしますが大阪の峠に比べればどうってことは無いです。
道路の端にあるヘキサには標高の補助標識があり何メートル登ったかがわかります。次第に無くなっていきますが。
CIMG4847.jpg
つづく
スポンサーサイト

カテゴリ: ランドナー

[edit]

Posted on 2010/11/06 Sat. 22:07    TB: 0    CM: 6

二日目 ~冷泉小屋 

前回の続き)

早くしますと言ったにもかかわらず、更新が遅くなってしまい申し訳ございません。
五ッ木や来週には期末があり、1日に実力がありと微妙に、少し、僅かに勉強していたりしなかったりで、よくわからないですがそんな感じです。
CIMG4849.jpg
さて、前回の写真の休暇村から少し行ったところのビジターセンターでコーラを飲みながら休憩していました。
ここからはマイカー規制なのでバスが連なっていて山ガール、もとい山ダムが沢山いました。ここは若干山ガールがいましたが。
あ、自転車乗りも若干名いましたよ。
CIMG4851.jpg
ビジターセンターからの写真、かなり上にバスが見えます。見えますか?
遥か向こうにはこれから向かう山々が見えます。
ゲートをくぐりまた走り始めました。
そしてそのバスが通っていたところからの景色。
CIMG4852.jpg

CIMG4853.jpg

CIMG4854.jpg
今日は快晴、気持ちよく走れます。
ま、スピードは歩いているようなモンなんですが。
その方がのんびり周りが見えて気持ちいいですよね。
乗鞍
登っていくとだんだん周りの景色も変わってきました。
葉っぱも緑から黄色になっていき所々に橙や赤の葉も見えます。

ま、のんびり行くやらしんどく無いだとかそんなこと言ってても登りは登り、やっぱりキツイです。
CIMG4858.jpg
しばらく登っていくと真っ赤に色づいた木も出てきました。
こんな紅葉見るのも幼稚園か低学年以来かも。
CIMG4859.jpg
この辺りから結構しんどくなってきました。
もうそろそろ休憩しようかな、なんて思ったりもK氏との待ち合わせ場所の「冷泉小屋」なるものまでは足を着いてなるものか、というどうでもいい葛藤をしていました。
CIMG4860.jpg
それにしても、すごく綺麗。
しんどいのなんか忘れてしまいそう。
嘘です。
もうそろそろ駄目かなと思っていると、目の前にこんなものが。
CIMG4861.jpg
おお、
CIMG4866.jpg
到着しました冷泉小屋。
あのちっちゃい滝みたいなのがあるから冷泉小屋なのか?
この小屋はもう営業していなく、バス停があり、前の平らな場所が休憩場所になっていました。
CIMG4864.jpg
それにしてもいい景色、綺麗です。
写真撮っている方も沢山いました。
CIMG4863.jpg
K氏はレーパンを忘れたことによる尻痛で後方にいたはず。
しかし、待っていても現れないのでどうしたものかと思っているとようやく登場。
痛すぎて押していたそうです。
しかし、登らなければ車に乗れないので登るしかないという状況です。拷問ですね、僕だったら絶対嫌です。
CIMG4868.jpg
とりあえず、夜も遅いのでコレだけUPしてもう寝ることにします。
ごめんなさい、これより上のレポもすぐに仕上げますので少々お待ちしていただければと思います。
・・・そんな楽しみにしてる人いるのか?
CIMG4865.jpg
つづく

カテゴリ: ランドナー

[edit]

Posted on 2010/11/16 Tue. 00:08    TB: 0    CM: 8

二日目 冷泉小屋~畳平 Air 

前回の続き)

えー、またまた更新が遅れてしまい申し訳ありません。
24日から期末テストでした。難しかった、本当に。
ゴースト見てました。面白かった、本当に。
アホみたいや。

という訳でゴーストの感動覚めやらぬ中、前回の続きでも。

冷泉小屋でK氏と休憩しているとなにやらK氏は他の方と自転車について語り合っている様子。
ついつい冷泉小屋に長居してしまいました。

気を取り直し走り始めると足が重い。
いや、一時間くらいのんびりしてたので足に鉄まいてるみたいな感じです。
ここから先は地獄でした。

いや、もうかなりしんどかったです。
この辺りになると標高の書いてあるヘキサも無いのでカーブナンバーだけが山頂までのカウントダウンでした。
しんどかったので位ヶ原山荘にダイブ、じっとしてると寒かったのでコーヒーでも飲んでいました。
CIMG4870.jpg
この頃になると雲がかかったり晴れたりでちょっと不安定。

ちょっとコーヒーを飲むとまた走らなければなりません。
ちょっと足取りが軽くなったような。
・・・気のせいでした。

必死に登っていくと周りの景色も徐々に変わっていきました。
CIMG4872.jpg
背の低い木がメインになってきて色も綺麗なオレンジ色でした。
CIMG4874.jpg
雲がすぐそこまで。
CIMG4875.jpg
この辺りは色づいている木が多くて見晴らしもよく綺麗でした。
雲がかかってたりしましたが。
CIMG4876.jpg
あと3kmぐらいの地点にこんなポイントが。
本当に綺麗でした。
CIMG4877.jpg
でもここまで来ると周りの景色もこんな感じで、
CIMG4880.jpg

CIMG4883.jpg
背の低い常緑樹?なのか?がメインでところどころ紅葉してる感じでした。
空気の薄さはよく判りませんでしたが。
CIMG4884.jpg
いや、でももうハイジの世界、カモシカな感じです。よくわかりませんがそんな感じです。

周りの人にあとどれぐらいですか?と聞き「もうあのカーブ越えたらすぐですよ」と言われ俄然テンションが上がりながらゆっくりペダルを回して行きました。

そして道が少し平坦になってきたかな、と思った頃。
畳平
やっと着いた、長かった、楽しかった。
よくわかりませんが、すごい達成感でした。
服のセンスが無茶苦茶なのは見なかったことにして、やっと着いた。
CIMG4889.jpg
鶴池です。
着いたときにこんなところに池があるのかとかなり驚きました。
晴れたときは綺麗な色をしていました。
CIMG4892.jpg
って着いたときにはもう3時前、剣ヶ峰に上るのは残念ながら諦めることにしました。
CIMG4894.jpg
そして畳平のバスステーションでおやつタイム。
店の裏に腰掛けてこの景色の前でのんびりしていました。

前の小道は何故か尾瀬チック、行ったことないけど。
CIMG4896.jpg

乗鞍山頂簡易郵便局
つづく
本当に長くなりました。
次で最後です、たぶん。

カテゴリ: ランドナー

[edit]

Posted on 2010/11/27 Sat. 00:10    TB: 0    CM: 8

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter...

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ここにいる方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。